雲峰イズム ~unpo izm~ イメージ画像
創立50年を迎えた神戸の山岳会「クラブ雲峰」メンバーによる記事を掲載しています。
幅広い年齢層のメンバーが、互いに高め合う自由で活発な山岳会です!

記事一覧

今年、わたくしナオミは中々雪山に行くことが出来ず、いよいよ春を迎えようとする直前で2週続けて大山に行けることに相成りました。まずは3月12日(日)に八合尾根、19日(日)別山バットレス。まずは八合尾根のご報告。 タカギさん、イッチャン、オータニさんの三銃士と私
『大山・八合尾根 「One for all, all for one!!」』の画像

 28日から30日にかけて鈍行列車の旅に行ってきました。  28日朝、JR大久保駅を出発。米原、大垣、名古屋、中津川、塩尻、と鈍行を乗り継いで茅野に到着。28日中に山に入りたかったのですが茅野から美濃戸口までのバスが29日からしか動いてないのでしかたなくホ
『鈍行の旅で八ヶ岳へ』の画像

昔の事をたずね求め(=温)て、そこから新しい知識・見解を導くこと。 AM4:00 神戸某所 _| ̄|○、;'.・ オェェェェェェェェ オェェェェェェェェ オェェェェェェェェ~~~!!! 激しい吐き気で目覚ましよりも早く起床し、洗面台に駆け込んだ。 思い当たる節がある。この日、今年ラストとなる雪彦山の温故
『雪彦山・不行岳「温故知新 -故きを温ねて新しきを知る-」』の画像

松を彩る~楓や~ツタは~♪ コリャコリャ 昨年に行けず終いだった紅陵会。すゑ師匠と平日を狙いケンイチとナオミの3人で雪彦山に行って来ました。最近、すっかりクライミングというものに対して恐怖感が先立ち、および腰になっていた私でしたが、最高のロケーションだったので、
『雪彦山・地蔵岳「永零-萌えて紅陵狩り-」』の画像

 こんにちは、yoshiokaです。少し前に雪彦山で例会がありました。明石に住む私ですが集合が大池のマックスバリューでした。反対方向です(笑)  理由は例会に必要な消耗品を購入するためでした。  兎にも角にも登らないことには例会に参加できないということな
『11月の例会はすき焼き。』の画像

ここ何日か冷え込んだ日が続き雪彦の紅葉も見頃になってきた11月中旬、念願の「すべり台~大凹角」にやっとトライすることができました。駐車している車も珍しく少ない賀野神社の駐車地に8時半に到着。偶然にも隣の車は岳連のIPさん達のパーティー、挨拶もそこそこに三峰
『地蔵岳・すべり台〜大凹角』の画像

紅葉の季節にはまだ早い今年の11月上旬、所属するクラブ雲峰の例会が雪彦山で開かれました。末政さん、佐藤さん、近藤のメンバーが賀野神社の駐車地に着いたのは6日日曜の朝8時30分頃、前日からの参加メンバーは地蔵岳正面右カンテを目指して既に出発していました。賀
『不行岳南東壁弓状クラック』の画像

10月22日土曜日 今日は空中懸垂とその途中の登り返し練習。 空中懸垂は別にコレといって問題もないけど、登り返しは「アレは?コレは?」と4人で模索。 何通りかのフリクションヒッチを巻き数変えてみたり径や素材を変えてみたりと個々に試してみるが今日のところは「これで
『自分にベストなセッティングを探しだせ』の画像

ピンク色に染められたコスモス畑が目に留まる10月下旬、小豆島拇岳の赤いクラックを登ってきました。末政さんをリーダーに、前田さん、西田さん、近藤のメンバーで姫路港朝一番のフェリーで小豆島に向かいます。福田港から436号線を南下し、拇岳麓の狭い山道を右折して
『小豆島拇岳赤いクラックを登る』の画像

しっかり食べ、ゆっくり休んで元気回復! 今日は砦岩周辺のクライミングの予定だったけど少し遠いので、 近場のマラ岩、妹岩に変更。 金峰山川の清流(イワナやアマゴが釣れるらしく釣り師も入っているとか) を足を濡らさないよう慎重に渡河し、20分程の登りで岩場着。
『小川山クライミング後編(二日目)』の画像

この秋一番の冷え込み、11月中旬ごろの気候の中 かねてから計画していた小川山へ。 早朝西宮発、9時過ぎには廻り目平駐車場着。 さっそくクライミング準備をして、日本で一番有名 なクラック『小川山レイバック』(5.9+)を目指す。 周辺マップから岩場を探すが、なか
『小川山クライミング 前編(一日目)』の画像

 11日、大阪の山岳会にいる山友に誘われて御在所岳に行ってきました。  早朝、4時前に車で迎えに来ていただき出発。途中名神にのらなければいけないのにスルーしてしまい環状線を一周して四日市へ。それでも7時半には駐車場に着いていました。  小屋を経て取り
『御在所岳、前尾根。曇りのちずっと曇り』の画像

龍王岳南稜を目指し9月1日の夕刻、末政さん・西田さん・近藤の3名は神戸を出発する。立山駅前の駐車地で仮眠後、9月2日朝一番のケーブルカー・高原バスを乗り継ぎ室堂バスターミナルに8時15分降り立つ。台風一過の快晴とは・・言えないまでも初秋の陽射しに恵まれた中
『龍王岳南面の岩稜を目指して』の画像

 熊とタープと水と岩登りについては本家ブログで書かれてしまったので埋め草的話を少しだけ書こうかと思います(^^)/  ことの始まりは古法華キャンプ場にてBBQが行われた時。    T大先輩「よっしゃん、夏の山行きは何処に行きたいんや?」    自分「まだ劔岳に行
『龍王岳ってどこにあるの?』の画像

↑このページのトップヘ